EBINA BEER

海老名にあるクラフトビール&レストラン EBINA BEER さんに行ってきました

海老名駅北側は10年ほど前まで田んぼでした

そこがあらたに開発され、ららぽーとをはじめとする街ができあがっています

こちらの一角に クラフトビール&レストラン EBINA BEER さんはあります

開店日 2017年2月7日
営業時間:月曜日から金曜日 17:00~22:30(L.O22:00)
土曜、日曜、祝日 14:00~22:30(L.O.22:00)
定休日:第2.3月曜日

アクセス
JR海老名駅から徒歩5分
リコーフュチャーハウス隣「木のビル」1階

 

EBINA BEERさんでは、自ら醸造を行っています

最近、こういったお店で醸造するところが増えてきましたね

作っているのはこの方

トーマス・レハクさん

なんとプラハのオーケストラなどで活躍したチューバ奏者

日本女性との結婚&来日後、趣味で始めたビール造りにはまり、ビール業に転身し EBINA BEER を立ち上げたとか

残念ながらこの日はお会いできませんでした

 

お店に入るとまず目にするのは、カウンターに掲げられたビールメニュー

お店で作られた常時8種類のビールのメニューが掲げられています

 

左に目を移すと、チェコ国旗とともに小物が飾られています

 

その奥に見えるのはビールタンク!

許可をもらって見せていただきました

こちらからは全部は見えませんが、1000Lのタンクが4本あるそうです

 

入り口そばに置いてあったのは?

ペールエール用のモルツ、ドイツから輸入しているみたいですね

 

カウンターの中に目を戻すと、8本のビールタップ

実演は見そこねましたが、おそらくここから注がれているのでしょう

厨房はこんな雰囲気

コンパクトにまとまっています

 

ビールってこうやって作られるんですね

とは言っても読めませんが^^;

トイレ近くの壁に貼ってありました

だれか解説して〜〜〜〜

 

それでは本題、本日のビールメニュー!!!

  1. エビナラガー alc.5%
  2. ピルスナー alc.5%
  3. グレープフルーツエール alc.5%
  4. うっぷんIPA alc.6%
  5. ペールエール alc.5%
  6. 4人のどろぼうalc.5%
  7. チリエール alc.5%
  8. へフェヴァイツェン alc.5%

 

それでは早速飲んでいきましょう

まず選んだのは、エビナラガーとグレープフルーツエール

右手前がエビナラガー

左奥がグレープフルーツエールです

エビナラガーは「当店オリジナルレシピ。ザーツを基本に4種類のホップを使用。すっきりとしたのど越しに、爽やかなホップが香ります」というビール

まず香りを嗅ぐと、ホップの爽やかな香りが広がります
確かにすっきり飲みやすく、4種類のホップはそれほ強くないのか苦味は弱め
苦いのが苦手な人でも、さっぱり飲めるラガーです

 

グレープフルーツエールは「エールの苦味とグレープフルーツの苦味がグットマッチング」というビール

グラスに近づくだけで香るグレープフルーツ、これだけですぐに飲みたい気分が満載!
グレープフルーツは味にも寄与していて、飲み口にグレープフルーツの甘みと酸味・香りが現れています
苦味は多少ありますが、気になるような苦味ではなく、グレープフルーツの爽やかな苦味を感じます

 

続いて選んだのはピルスナーとペールエール

右手前がピルスナー、中央奥がペールエール
左はシャキシャキサラダです

 

ピルスナーは「チェコ発祥のスタイル。ボヘミアンピルスナー。時間と手間をかけて仕込んだ醸造主任自慢の一品。麦が香る!」というビール

日本のピルスナーは喉ごしに特化して作られていますが、チェコのピルスナーはスッキリとした味わい
このビールもまさにそのとおりで、苦味はそれほどなく、スッキリと軽い飲み口
麦の甘さを感じます

 

ペールエールは「アメリカンスタイルP.A。苦味はやや抑えめ」というビール

何はなくとも、香りが素晴らしい!
こんなに香りペールエールってあまり無いかも
苦味はありますが、さらりとした気持ちいい苦味
後味にホップの香りが残り、コクがしっかりとしたビール
ただ、ピルスナーの後に飲んだときは、IPAのように苦味を強く感じたので、飲む順番が重要かもしれません

 

続いてはうっぷんIPAと4人のどろぼう

うっぷんIPAは「アメリカンスタイル。基本のIPA。飲んでうっぷんを晴らそう!」というビール

もろに正統派IPAというイメージ、ホップの香りが素晴らしいですね
うまくできなかったIPAにありがちな嫌な苦味ではなく、爽やかさが前面に出てきた強い苦味が有ります
これこそIPAですね

 

4人のどろぼうは「エールにセージ、ラベンダー、ローズマリー、タイムを漬け込んだ癒やしのビール」というビール

とても複雑な香りがするビールです
この複雑さが迷いを生むのではなく、素直に飲みたい!と思わせてくれます
味は麦の甘さをベースに適度な苦味、ハーブの香りが元々のエールに加わり素晴らしいバランス
ハーブ好きにはもってこいですね

 

最後はチリエールとへフェヴァイツェン

写真を取り忘れました・・・・

チリエールは「体が火照る熱くなる!カプサイシン直球エール。怒らないでね♥」というビール

特に唐辛子っぽい香りもないく、最初の一口は普通のエール
ところがあとからピリピリとしだして、唇から口の中から喉からピリピリが広がっていきます
こんなビール味わったことないです!
私は辛い料理は苦手なのですが、これは苦手な人でも大丈夫だと思いますよ

 

へフェヴァイツェンは「苦味が少なく、ほんのりとバナナの香る酵母の濁りがあり、濃厚。ドイツの代表スタイル。」というビール

鼻で嗅いだヴァイツェン特有のバナナ臭は、他のよりも少し弱めです
ところが口に含んでビックリ!ヴァイツェンの香りが口の中にこれでもかっ!と広がります
もちろん苦味はほとんどないので、ビールの苦手な女性にもオススメです

 

最後に一つ料理を紹介したいと思います

チェコ伝統料理のブランボラーク、じゃがいもで作られたチェコ風チヂミです

にんにくが効いていたり、周辺部がカリカリしていたりと、まさにビールに合うオツマミです

これ、自分でも作ってみたいけど、再現できるかなぁ?

 

海老名周辺のビール好きは、是非訪ねてもらいたい一店です

コメント

タイトルとURLをコピーしました